HoneyBetray:Spinoff

かつてバンギャだった女の備忘録。

KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CASTは麻薬だったというお話。

対して面白くもない女の感想記事をしたためます。

レポらしいレポはありません。


f:id:honeybetray:20180917043749j:image

2018年9月15日、KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST in 横浜アリーナ公演に1部と2部に1日ぶっ通しで参戦してきました。

 

最初ツアーの会場やエリアが発表されたとき、あまりの会場の小ささに「関東横アリだけかよ!こりゃ全身全霊で横アリに申し込まなきゃ取れねぇや」と思い渾身の魂を込めて横アリのみに申し込みをしました。

長いことバンドの追っかけをしていたので、ジャニーズのアリーナ公演のチケットの当選率・規模・用意される座席数・ステージの位置・花道やサブステなどの数やサイズなどが全く分からなかったのでビビッてビビッて仕方がなかったんですね。今思うと、お前それで横アリ全滅したら1回も参戦できねぇんだぞ、危ねぇ懸け方しやがってと思います。

結果は何と15日を丸1日通してでの当選だったので本当に良かったんですが。

この時は全く分かっていなかったんです。1日しか見られないと言うことを。

 

重大なことに全く気付いていない私はUNIONで中丸くんに落ちた友人を13時に、KAT-TUNに毎回一緒に来てくれている駆け出し上田くん担の友人を18時にと誘いウッキウキ。やったー!KAT-TUNが見られるぞ!KAT-TUN担になって初めてのツアーだぞ!東京ドーム以外の会場での参戦だぞ!と、とにかくピュアでした。ピュアに楽しみにしていました。

横アリ公演が来るまでの間、うたプリのヲタク業に精を出したり、Twitterに流れてくるレポを味わったりして毎日毎日呑気に2次元と3次元の二足のわらじヲタクを堪能していました。最近は寿嶺二と一緒に四ノ宮那月も熱いです。

横アリ公演の一週間前なんてうたプリの「雪月花」イベントで暴れてましたよ。

 

そんな感じで迎えた初CAST、アホだから前日急に緊張し出して朝方まで全く眠れませんでした。

 

横アリはバンドの追っかけ時代に何度も足を運んだ会場なので勝手知ったるなんとやら。黒々しくドレスアップしたKAT-TUN担が新横浜駅に溢れ返り群れを成しながら横浜アリーナを占拠する図は中々オツなものでした。

 

さぁ初CASTだ!とクソ小雨が降りしきる中いざデジチケガチャ!

結果は来ましたSR!アリーナCブロック!中々じゃないか頑張ったな私の名義!

しかしあまり前過ぎなくて良かった、久しぶりだと言うのにKAT-TUNの美しさを間近で浴びたらそのまま溶けて気化して命を失ってしまうからな。このくらいが調度いいじゃないかウフフとか思いながら座席に向かったものの。

アリーナって地味に近いんですね。東京ドームのデカさを私は何一つ分かっていませんでした。

うーんこれは、死んじゃうよなぁ…

 

心の準備が一切出来ないまま始まったCAST、うおーやべーどっからKAT-TUN出て来んだとステージ上をくまなく見回していたのですが。

てててて、天井ー?!(*^▽^*)←思考回路がショートした顔文字

レポで読んでいたはずなのにすっかり忘れ腐っていた私は、その余りの神々しさと気高さと孤高の存在に開いた口が塞がりません。そうだ、世界を統べる者は一番高い場所以外似合わなかったのだ。強く輝かしい存在はいつだって天から我々のいる現世へと降り立ってくるものだった。ああ、なんて美しい支配者なんだ。

 

そして支配者は早々にムビステに乗り込む。驚くほどの距離で目の前を通過し、視線を合わせて来る。私という人体に宿る魂を根刮ぎ引っこ抜いてサブステへと通り過ぎて行った。全員通過するもんだから誰がどの曲で来たとか全く覚えてねぇ。

しかし上田くんが着ていると称しても良いのか分からないレベルにズルズルになったシャツを腕に引っ掛けて目の前に来た時は、流石に「その格好で目の前に来るのかよ?!」などと、服装のだらしなさを叱る母親なのか、肌を見ることに抵抗を持った童貞なのか、薄着をしている若い女性をみたエロオヤジなのか、どこの目線からなのかよく分からない捨て台詞を吐いてしまった。

もし童貞なのだとしたら私はあの瞬間に童貞卒業したね。完全に素人童貞だけどね。

 

そして性癖を刺激してくるというもっぱらの噂のソロステージですが、やはり我々の性癖も見事に貫いて来ました。

 

中丸雄一という男は、無機質さと男の色香を調合する天才である。

四肢が長く均等なような整った体型はマネキンやアンドロイドを思わせるが、生身の男という性別をしっかりと孕んだ動きをするから彼はとても怖い。どこか退廃的で虚空なんだけど、その中に「人間」を宿す。

無機質が命を孕むからどこか不気味だったのかも知れない。メインスクリーンに映し出される様々な角度から撮られる彼の姿が、隠しカメラで盗聴しているような感覚にさせられた。誤って感情を宿してしまったアンドロイドは彼の方なのか私の方なのか。

Marionation、怖いお話です(そういう曲じゃない)

 

そのMarionationで味わった感情とは真逆のものを味合わせてくれたのが、World's End.

演出こそ退廃的な感じがしますが、上田竜也の見せる「退廃」は限りなく生命を感じさせる気がします。彼の持つ狂気は命を色濃く含んでいますよね。人対人、命の遣り取りが丸見えな、感情と欲望と野望の絡んだ狂気。

昨今は上田竜也自身がDoomsday clockなのではないかと思います。もっと様々な言葉で彼を表現をしたいんですが、今の私の中ではこれが最も自分の中の表現を集約したものではないかと考えてます。

 

そして今回、人体のみで生み出された芸術品・One way love

亀梨和也という存在・肢体・生命の美しさを思い切り魅せつけられたよう。最後にステージへ倒れ込む姿を見た時は白鳥は死ぬ前に一度美しい声で鳴くというフレーズが頭を過りました。しかしそれと同時に、死ぬまで踊り続ける呪いをかけられたカーレンを思い出しました。全力で美しく踊り続け、想いを溢れさせ続け、あの暗闇の中差したスポットライトの下で倒れ込む。約4分間で燃え尽きた、全身全霊の命。

亀梨和也はステージで命を削る表現者

 

三者三様と言う言葉しか知らないので簡単にこの言葉を使いますが、本当KAT-TUNって三者三様ですよね。歌い方ひとつ、魅せ方ひとつ、ダンスひとつ、何一つとして重なることのない表現者たちなのに、3人揃うと最高に美しいものを生み出して来やがる。

でも、そうやって恐ろしいほど個々の魅力を最高に尖らせ輝かせる癖に、可愛いぼくちゃんみたいな姿も見せてくれるからおばちゃん身が持たないの。

 

はぁ~あ、上田くんのスキャンティすごかったな。

 

さて後半戦。


f:id:honeybetray:20180917043824j:image

後半戦は熱も冷めないまま合間の時間にイカしゃんとビールかっ喰らい、ネタバレしない程度に友人を煽りまくり横アリへ出陣。雨も止んで良い感じに日も傾き始めテンションが上がり切った状態でデジチケガチャ。

うわーまじかーセンターブロックだー、URじゃねぇかー(驚きで感情の失せたヲタクの顔文字)

もうビールのアルコールなんて一瞬で蒸発しました。いいって、もう近いのはいいって。UNIONで度肝抜かれたじゃん。横アリ取れただけで奇跡みたいなもんなのにこんな神席与えなくて良いって。神様今までこんなに優しくなかったじゃん。どうしたの急に。贖罪?いいって。

顔面大仏になりながら入場、座席の捜索。センターエリアの最後尾ら辺だったんですが、なんとムビステの麓、サブステ間近。神様まじでか。

私よりも友人が死にそうでしたけどね。

 

そこから見た景色の話。

 

●ドンチューの上田竜也

曲後半の中丸くんのHBBに合わせたソロダンスのようなパート、ムビステは無残にも私達の目の前で止まりました。私が今いる場所は、上田竜也の麓。真上、真上にいる、真上に上田竜也がいるんだよ。こんな瞬間が私の人生に訪れるはずがないのに、今、真上にいるの。私の人生がバグったの。

聞こえてくる床と靴底の擦れる音、軋むステージの音、オペラグラスを使わないであんなにもハッキリと近くで顔や布の動きが見えたのは生まれて初めてでした。人類最高峰の美しさを持つアイドルが、私の頭上で踊っている…?!

しかし本当の恐怖はこれからだった。

かめにゃんがソロダンスを踊っていたのに、一切そちらへ視線を移すことが出来なかった。なぜなら、かめにゃんの方を見ながら中腰になり、恐ろしいほど目をギラつかせ本能剥き出しの獣のような強い眼力を宿した上田竜也の姿を見てしまったからだ。

ライヴで身体が昂ぶり本能的になるアーティストの美しい獣の目を間近で見てしまったのだ。しかも真下という最高のアングルで。今まで見上げて見た景色の中で最高に美しい景色だった。

 

●スイバの亀梨和也

サブステからムビステに乗り換えこちらへとやって来たのはスーパーアイドル・亀梨和也。しかもそのムビステ、同じ目線まで下がりやがる。どうしてそういうことするの、こんなにも近い場所で見られるんだから頭上にしてよ、頭上が良いんだよ、頭上じゃなきゃ嫌なんだよ、分かって、分かってよ。

しかし無情、目の前を通過する美しき亀梨和也。ああ、脈が止まる…と思ったところで我々に背を向けるかめにゃん。うわーーーー!優しい!ありがとう!良かった!と思ったのも束の間、結局私は間近に過るふわふわの後頭部に魂を狩られたのだった。

混雑している道で目の前に人の後頭部があるような距離感と間隔でそこにあるふわふわもふもふの可愛い可愛い後頭部。ふわふわの毛先は彼が動くと共にヒョコヒョコと揺れる。男性は狩猟本能があるから揺れるものに惹かれると言うが、それはヲタクとて同じこと。揺れるかめにゃんの髪や服の裾に釘付けだった。

亀梨和也は最早、想像上の空想上の「アイドル」という存在…概念に近いと思っていたのですが、「生身の人間」として間近に存在していると知らされてしまいました。やはりこの世はでっかい宝島。

 

●またもやお尻

箱推しですがほぼ自担のような存在へと変わった中丸くん、自担が何の曲で私の頭上を通過したかなんて覚えているはずもありません。自担に精一杯ですんでね。

UNIONの時に中丸くんのトロッコが来てくれたのに自分の正面に来る寸前で後ろを向かれてしまいお尻が目の前に通過したと綴ったと思うんですが、なんと今回は!お尻が私の頭上を通過していきました!

しかも今回のお尻は前回と違います。前回は衣装に巻きスカートだかヒップフラップだかが装着されていたのでお尻の全貌を見ることが出来なかったのですが、今回は彼のお尻を阻む装飾が一切ない衣装だったので、ハッキリお尻を拝観することが出来たのです!うおおおお!生尻だ!自担の!自担の生尻だ!すげえ!ケツだ!ケツ!神様すげえよ!私今自担のケツ見上げてるよ!めっちゃ近くでケツ見上げることが出来てるよ!

最初中丸くんがムビステで来た時どうしよう無理、泣いちゃう、怖い、緊張する、死ぬなどと思っていましたが、くるりと後ろを向いてくれたお陰で安心して彼に視線を這わせることが出来ました。

こんな感想書いて。おまえどうしたいんだよ。

 

他にも色々刺激的なシーンを拝見したんですが、印象が強いのはこの3つです。サブステも本当近かったのでお手振りかめにゃんとか、キスキスゆっち腰振りとか、おぱんちゅ上田とか、マイク通さないで聞こえた上田くんの雄叫びらしき声とか、本当間近で色々見たんですが、視覚から飛び込んで来る情報量がいつもの数万倍だったので正直何が何だか分からない状態です。

私の周りに居た人たちも、色々近いから「どこ見たらいいんだよ?!」って近くにいまくるメンバーをキョロキョロ見回してました。気持ちが一緒すぎる。

 


f:id:honeybetray:20180917044111j:image

 

そんな刺激的な公演だったんですが(纏めがクソ過ぎ)、CAST自体非常に好みの曲調が多く、クラブミュージックのような、ディスコチューンのような、ギラついたライティングや特効が似合うアルバムだったので、それを最高に盛り立ててくれたライヴが最高に楽しかったんです。FIRE STORMとDIRTY, SEXY, NIGHTで実質無料になったと思ってる勢力なので。

 

そこで気付いたんです。1日しか見られないと言うことの本当の意味を。

 

元より追っかけていたバンドが全国ツアーともなれば複数参戦・遠征が当たり前だった血統の持ち主。全てを横アリに投入したということは、横アリ以外行く選択肢を自ら潰したということ。他のエリアは、探さなければ手に入らないということ。探しても、見付からない可能性が高いということ。

 

私に流れる血潮が、限界を訴え始めた。

 

どうしても一回は入りたかったツアーが、複数参戦したいツアーに変わってしまった。私の中にある「1回でも見たいの」というピュア心が燃え尽きました。そして灰も残らないくらいの突風が吹いてしまいました。

 

私、KAT-TUNでも遠征がしたい!KAT-TUNでも複数参戦したい!

眠っていたバンギャ魂がCASTの熱い炎に炙られ蘇ってしまいました。

10Ksから参戦し始めたヲタクなので今までは東京ドームのみしか選択肢がなかったのもあって忘れていたんでしょうな、自分自身の血統を。

でもお前思い返せよ、中丸くんの楽しい時間、意地と根性でチケット探し出して2回行ったんだからな?その時から既に血統が疼き始めていたんだきっと。

 

今回は本当にバカを見ました。最高な公演だったから尚更だ、この馬鹿。私なぞ豚の餌になってしまえ。そしてあまりの不味さに残されてしまえ。

まだまだ踊り足りないよ!まだまだ叫び足りないよ!もっとあの空間で理性をぶっ飛ばして楽しみたいよ!クッソー!理性をかなぐり捨てたとんだワガママ贅沢ヲタクに進化してしまったぜ!

 

とりあえず今はチケット探しを始めています。チケットが見付かったら初の一人遠征になりますが、一人寂しいとかほざいてる暇も感情も思考もありません。

私のCASTがもう終わったなんて笑えない冗談はやめてくれよな!

 

 

KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CASTは麻薬だったというお話。