HoneyBetray:Spinoff

誰かに読まれることを一切想定していない備忘録。

遂にJrに担当が出来た。

6人組で衣装が黒々しくて、千葉の田中の血が流れるグループという印象ばかりが先走っていた彼ら。特別何か気になっていたわけでも注目していたわけでもなかった。

何より私は手持ちの「好き」で自分の容量が一杯だと思っていた。これ以上は許容オーバーでまともに全てを追うことは出来ないだろうと、自分の経験則を元に思っていた。

 

しかし人という生き物は業が深いのか欲深いのか。ふとしたタイミングで見た瞬間、甘いものは別腹と言わんばかりに一気に容量が増えた。メモリが増築された。

そして結局、私は彼らに触れてしまったのだ。

 

f:id:honeybetray:20190619141246j:plain

SixTONESに!!!!!

 

というわけで今回の自分語りは、

バンギャ、生まれて初めて「ジャニーズJr.」を好きになりました編。

 

根がヲタクだから敬愛するKAT-TUNが所属するジャニーズ事務所のアイドルたちは日常的に見てはいた。毎日テレビを点けていたら誰かしら出演しているから、この事務所のアイドルの存在ごと楽しんだほうが毎日がハッピーになるからだ。

だからその繋がりでYouTubeに開設されたというジャニーズJr.チャンネルも、バーチャルジャニーズあすかなSHOWROOMもちゃっかり見てはいたのだ。

しかししかし、そこで誰かにハマると思ってはいなかったし、考えてもいなかった。強いて言えば目の保養が増えるからと好みの顔がいたら幸せだなくらいの勢いだった。

もっと言い訳をすれば、なぜだか知らんが私の中では「三次元で担ぐ対象は年上じゃないと嫌だ」という気持ちの悪い確固たる意思が確立されていたから、その時点で年下しかいないJrを自分が担ぐなんてこと自体の思考が一切なかったのだ。

(まぁそれも自分と同年代なKAT-TUNを好きになった時点でちょっと崩されたようなフニャ◯ン意思なんだけど)

 

じゃあ何故SixTONESに?

 

非常にデジャヴな話です。私生活で憔悴しきっていた。しぬほど憔悴していた。だから無理矢理にでもテンションを上げて満身創痍のズッタズタの心身の上を「いつも通り」のコンクリで塗り固めていたときだった。

仕事後死にかけのメンタルでYouTubeを開いた。しかし何か見たいものがあった訳ではなかった。だから取り敢えず登録したチャンネルを漁っていた。その時たまたま更新マークがついていたのが「ジャニーズJr.チャンネル」だった。

正直に言うとJrなんてグループ名しか分からないし、お顔とお名前がちゃんと分かってて思い浮かべることが出来るのは目黒蓮くんぐらいだった(KAT-TUN担だから)。

しかし取り敢えず何も考えずに見られるものが見たい。出来れば映ってる顔がキレイで、好みのタイプが詰まっている映像が良い。更に我侭を言うと各々のキャラクターをまだ一切知らないから出来れば音楽の載ったライブパフォーマンスが良い。

 

病んでるにしたって贅沢な要求を浮かべているなと思いながらちゃっちゃかとスクロールしていたところに出て来たのが、


SixTONES(ストーンズ) - JAPONICA STYLE [Official Music Video]

これは以前にも1回だけ見たな…フォロワーさんにも好きな人多いし、取り敢えず見てみようか…(ヘロヘロ)

そして2回目の視聴をキメ込んだ。

 

その、キメ込んだ後の私がこちら。

元気になってますね(゚∀゚ )

 

しかしここが決定打となったわけではなかった。結局JAPONICA STYLEはドーピングだった。一時的に多幸感を与えてくれたシャブだった。

 

しかしやばい、この多幸感。KAT-TUN同様、辛い時に助けに来てくれた感がある。

 

その翌日、ハマるきっかけとなる決定打になるものに出逢った。

(これファン制作だけど載せていいのかな?ダメなら下げます)


PINKY (赤西仁ver & 京本大我ver)

ンンンッ…!!!!

 

踏ん張っていますね(゚∀゚ )

この後から、SixTONESの公式動画を見漁ります。

 

後少しですね(゚∀゚ )

 

落ちましたね\(^o^)/♡

 

ドーピングが常備薬になりました。

 

この日から私のメンタルは一気に元気になりました。しにかけてたのが嘘みたいなほど、みるみる生命力に満ちていきました。

 

しかし生まれてこの方30年ちょい、私はジャニヲタとして生きた経歴はあれどジャニーズJr.にハマったことがない。彼らの情報はどこで得るのか、ファンクラブは存在しているのか、現場に行くにはどうしたらいいのか、全く!!!まっっっっったく!!!ビックリするほどなんにも!!!!無知オブ無知だったのだ。知っている知識と言えば先輩のバックに付いて踊っていることと、CDデビュー前の子たちってことくらい。まじで。だから「CHANGE THE ERAを買えばいいの?」なんて感情が思い浮かぶのだ。

幸いにもお知り合いにジェシー担さんがいてくれたお陰でCHANGE THE ERAが映像化されていないことを教えてもらうことが出来ましたが(多分いなかったらずっと発売されてる店をググっていたと思う)、まぁそれでも何も分からん。彼らの情報はどこで知るんだよ。

 

そこで得意のインターネッツダイビング三┗( ゚ω゚)┛三┏( ゚ω゚)┓えっさほいさ

 

①ジャニーズJr.が見られる媒体-先輩のバックに付くこと以外にも単独コンサートもあるよ!ドラマや舞台・バラエティの個人仕事もあるよ!ドル誌にいっぱい載るよ!SixTONESセクゾのサマパラにいっぱい出演しているから買えよ!

②ジャニーズJr.専門のもの-今はYouTubeのジャニーズJr.チャンネルの他にISLANDTVがあるよ!専門のショップがあるよ!ファンクラブは「ジャニーズジュニア情報局」で一括にされてるよ!会費めちゃ安だよ!少年倶楽部で歌ってたりするよ!

③ジャニーズJr.が出来ないこと-KAT-TUNはライヴ映像をリリースしてもらってたけど、Jrは基本的に単独でも映像化はされないよ!公式のものはあるけどデビュー組みたいなペンライトはないよ!

 

わ、わからないことだらけだァ…_:(´ཀ`」 ∠):_

 

知らなすぎる情報が多過ぎて未だに全容を理解出来ていないため、私が知り得た情報はここまでです、ここまでで精一杯ですゼエハァ(知恵熱)

と、取り敢えずISLANDTVは登録できたし情報局に登録するか…。

 

と、ここまで「ん?コイツ箱のスト担か?」って思われるように特定の誰かの名を書くことはして来ませんでしたが、恐らくモロバレなのでここで新たに自担となった男の話を。

 


f:id:honeybetray:20190620174455j:image

姓は京本、名は大我。

由緒正しき血統を受け継ぐこの美麗に可憐なこの男に撃ち殺されました。鼻筋の美しさパパさんそっくりじゃん…遺伝子の神秘と業をまざまざと見せ付けられている…。

 

かねてより「生まれつき与えられた性別の中に異性を宿す存在」に惹かれやすく(中性的ということが言いたいわけではないので汲んでくれ)、実在するものとは思えない端麗な容姿が至高で嗜好としてきたオンナだったので、彼に落ちるのは我ながら無理もないと私も思う。よくJAPONICA STYLE視聴1回目の時にハマらなかったなまじでと思うが、私は結構そういうとこがある人間だったりする。いくら好みでもハマるに至るまではタイミングがあるらしい。

とは言ってもそもそもが「音楽好き」なので、曲や歌声にハマらないとズブズブにハマることが出来ない。だから美しい容姿を持った俳優さんにもハマらないんだと思う。

 

ところがこの男、そんな厄介なクソババアの嗜好を歌声でもぶち破って来た。クッソ歌うめえでやんの。

 


SixTONES「Amazing!!!!!!」(「ジャニーズJr.祭り 2018」単独LIVE in 横浜アリーナ)

なにこの地獄みたいなビブラート。

ビブラートには種類がいくつかあるとは思うんだけど、私はビブラートが強いバンドマンをこよなく愛し続けて来た。腹の底から出した太くて深くてガラスを破れるようなパワーのあるビブラートが好きだ。だから彼のビブラートを聴いてこんなバンドマンみたいなビブラート出せるアイドルがいたのかよと腰を抜かした。ちびるぜこんなの。赤西仁のビブラートとはまた違うビブラートだ。

 

こんなお顔なのにこんな太い声で歌えるんだ…hydeちゃんかよ…(急にラルヲタ)

と震え上がったのも束の間。

 


SixTONES @ KANSAI COLLECTION 2019 S/S | SECRET GUEST LIVE

えっこんな声でも歌えるの(“Laugh” In the LIFEを聴きました)

声帯何種類喉に飼ってんだよ…、何この人、容姿だけじゃなくて歌声でもしっかり耳の肥散らかしたバンギャ掴めちゃうじゃん…。歌唱力の高さがすごい、この年齢でこの表現力とか驚異でしかなくない?もしよろしければL'Arc~en~Cielの夏の憂鬱シングルバージョンをカバーしていただけませんか(急にラルヲタ②)

 

京本大我氏の話ばかりしているが、他のメンバーも全員歌唱力が高くて声が良い。そしてダンスもめちゃくちゃカッコいい。

聞けば彼ら、どうやら叩き上げらしいですね…?

親族に有名人がいるというのはやはり世間から二世や七光りなどの色眼鏡を掛けられてしまうから、それはもう想像も付かないような血の滲む努力をして来たんでしょう。自分の実力は自分が磨き上げて叩き上げて来たものだと。切磋琢磨の極み。

SixTONES、生き様が刀ですね。

 

正直努力家で頑張り屋で素直で真っ直ぐ過ぎるから、私は京本大我氏のWikipediaを読んでいるだけで感動して泣いてしまう。なんだこの漫画の主人公みたいなウィキ。敬愛しか湧いてこないわ。

 

お知り合いのジェシー担さんが私がSixTONESに落ちたことを知った瞬間色んなことを教えてくれたんですけど、京本大我氏についての詳細は教えないでいてくれたんですね。そのお陰で自分の好きなように好きなペースで彼のことをググれたのもあって、めちゃくちゃ楽しくインターネッツダイビングできたんですよ。好きなことを自分の力でとことん調べることが楽しくてたまらないタイプのヲタクなんで大変楽しかったんです。その優しさが嬉しくて、スト担さんってそういうとこも汲んでくれて優しいんだなぁってすごく感じました(チョロい)

しかし情報量が多くて全然知識が付いてこないのでプレゼンは大歓迎しています。スト担の皆様のツイやはてブロを拝読しているので、ほんと、心優しいスト担さん、通りすがりに私にプレゼンしていただけたら嬉しいです…( ;∀;)

 

f:id:honeybetray:20190619163522p:plain

(´-`).。oO(顔がいいなぁ)

 

なんだかんだ言って全員好きです、全員魅力的です。カッコいいよ、こんなJrいたなんて知らなかったよ。人生損するとこでした。君たちの魅力を知れたことで、私は人生の勝ち組になれた気分だよ。

きっと私はこれから君たちにたくさんの期待を勝手にすると思う。期待して期待して、焦がれて焦がれて、大好きで堪らな過ぎて、勝手に大泣きしたりする日が来ると思う。

けどそれすらも楽しみたいし、彼らを好きになることが出来た人生の大事な感情だと思うから、そういった感情も大事にしたい。

まだ好きになって一週間くらいだと思う、Jrをここまで応援したことがないからこれを綴っている今現在でも分からないことばっかりで、まだまだ生まれたばっかのドドドドドドド新規だけど、彼らがデビューするときは号泣して嗚咽して諸手を挙げて喜びたい。喜ばせてくれ。そしてその後の軌跡も一緒に楽しませてくれ。

彼らの頑張りと輝きを目一杯愛していきたい。

 

今年の1月にえび担の友人Y氏に「るいちゃんSixTONES好きそうw」と言われましたが、そこから半年ようやく彼女の予想が予言だったと気付きました。今度報告に菓子折り持っていこう。自担が増えました熨斗巻いたえびせんあげよう。

 

新しい自担に会いに行けるといいね。

 

 

気持ち悪いから語彙力のない言葉だけで6000字も書いちゃったよ。

 

YouTubeうるっせぇなーの感想とか個々のパフィーマンスの感想とか顔面の良さとかカバー曲の話とかビジネス不仲についての興奮とかもっともっと色々書ける気もするけど、私にはまだ彼らを語り切れるほどの知識もなければそれを綴るだけの言葉も知らないし、今は熱量が大きくて上手いこと文章にまとめられる状態でもないので、今回は沼落ちした感情だけを吐き出すに留めます。

 

、中丸雄一を担ぎながら京本大我も担ぐ新しい人生が開幕しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ↓ ↓ ↓

 

クソチョロwwwwww